アスリートコース

スポーツをしていて、こんな悩みありませんか?

  • 足が速くなりたい
  • ジャンプ力をつけたい
  • コンタクトプレーに強くなりたい
  • 身体をやわらかくして、ケガを予防したい
  • アスリートにとって“本当に”必要なトレーニングを学びたい

当店には、アスリートをサポートできるスタッフ、環境があります!

スポーツ現場で指導経験が豊富なトレーナー在籍

当店のトレーナーはスポーツ現場での指導歴が豊富なトレーナーです!

(指導実績)
・Edo All United 中野 龍選手 トレーニングサポート
・東京パラリンピック 競泳選手
・学生アスリート(サッカー、水泳、テニス、バレーボール、ハンドボール)
・静岡県立 沼津城北高校サッカー部 ストレングスコーチ
・静岡県立 駿河総合女子バスケットボール部 ストレングスコーチ
・静岡県立 沼津東高校サッカー部 アスレティックトレーナー
・私立   沼津学園 桐陽高校女子サッカー部 アスレティックトレーナー
・静岡県立 浜名高校サッカー部アシスタントトレーナー

サッカーを中心に様々な競技の選手をサポートしてきました。現在までの指導経験をいかし、今後もアスリートに貢献していきます。

アスリートに必要なストレングストレーニングに対応

アスリートに必要なトレーニングは、様々なものがあります。その中でも特に重要視しているのが、ストレングストレーニング(ウェイトトレーニング、オリンピックリフティング)です。スポーツは高強度の動きの連続であり、トレーニングではそれに耐えうる体作りをしていかなければいけません。自重トレーニング(腕立て、腹筋など)にプラスして、如何に高重量の重りを扱えるようになるかということが重要になってきます。ウェイトトレーニングでビック3と言われる、スクワット、デッドリフト、ベンチプレスに加えてパワークリーン、パワースナッチにも力を入れて指導しています。

スポーツ医学に基づいた再現性高いトレーニング指導

トレーニングは流行り、すたりで選択してはいけません。「なぜ、それをやるのか?」と言うことを常に念頭に置きトレーニングを行います。そこで、必要になるのがEBM(エビデンス)ではないでしょうか?エビデンスに基づいたトレーニング指導を行うことで、再現性高いトレーニング指導を行うことができます。

多くのアスリートをサポート

トレーナーからのアドバイス

世の中には様々なトレーニング方法があります。例えば、
・体幹トレーニング
・〇〇選手がやっていたトレーニング
・YouTube等SNSで流通していたトレーニング
など世の中は多くの情報で溢れています。

しかし、そのトレーニングが本当にアスリートの皆様にとって有益なトレーニングなのでしょうか?

「なぜ、そのトレーニングを行っているのか?」「なぜ、その種目なのか?」「なぜ、チューブを使う必要があるのか?」

現在、取り組んでいるトレーニングがあれば一度ご自身のトレーニング内容を振り返ってみてください。

現在、僕がチーム指導を行っているカテゴリーは高校生です。彼らは限られた時間のなかで部活動に取り組み、そのなかでチームが立てた目標に向かって日々練習に取り組んでいます。多くの部活動では技術練習に時間を割き、トレーニング(筋力トレーニング)に使える時間はごくわずかだと思います。その中でトレーニング効果を最大限高めようと思うと「いかに無駄を省くか」が重要です。このように考えると優先して取り組むべきトレーニングは限られてきます。

もし、ご自身が取り組んでいるトレーニングに疑問をお持ちの方は、一度ご相談ください。

[contact-form-7 404 "Not Found"]