メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームって何?

メタボリックシンドローム(以下メタボ)は、運動不足や肥満などが原因となる生活習慣病の前段階の状態です。
主に内臓肥満に高血圧、脂質異常、高血糖などが合わさった状態のことをいい、
診断基準には以下のようなものがあります(日本生活習慣病予防協会より抜粋)。

一定以上の腹囲があることが内臓肥満の指標(へその高さで腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上)であり必須項目です。これに加えて、血圧・空腹時血糖値・脂質(中性脂肪・HDLコレステロール)の基準のうちいずれか2つ以上があてはまると、メタボリックシンドロームとなります。

メタボの段階では、身体の不調を感じている方は多くないものの、その体を放置しておけば生活習慣病を発症する状態にあり、いつ健康を害してもおかしくない状態です。

改善には、ウォーキング、ジョギングなどのような有酸素運動と筋力トレーニングに取り組むことで体型、体質を変える効率的なトレーニングができます。

また、体重過多の状態は身体に想像以上のストレスをかけるため、まずはトレーナーと1対1でトレーニングを行うパーソナルトレーニングをオススメしています。

メタボリックシンドローム診断基準

  1. 腹囲 男性85cm以上、女性90cm以上
  2. 血圧 最高血圧 130mmHg / 最低血圧 85mmHg以上
  3. 中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満
  4. 空腹時血糖110mg/dL以上
    *診断では、1+2~4の2つ以上でメタボと診断されます。

このような方はメタボになる可能性があります!!

  • 毎日お酒を飲んでいる方
  • お腹がポッコリ出てきた
  • 脂っこい食事や味の濃い食事が好きな
  • 夜食生活が不規則で夜の食事が遅い方
  • 甘い物が好きな方
  • 頻繁にコンビニや冷凍食品、外食で食事を済ませている方

メタボリックシンドロームは、食生活の乱れ、運動不足が原因で進行していきます。メタボの危険性がある方は、生活習慣を見直すことをお勧めします!